一般社団法人ココロ未来学院

働き甲斐のある人間らしい仕事を実現

 私ども法人においては社会的目標を「持続可能な合理的配慮のある共生社会の実現」とし、そのためには沢山の解決していかなければならない課題があると考えています。貧困、孤立、子育て、人権擁護、少子化、グローバリゼーション、地球温暖化、土壌汚染、海洋水プラスチック汚染、地方創生、セクシュアルマイノリティ、ダイバーシティ、虐待、DV、無縁、過労自殺・・・。
平成10年に日本は自殺者がその前年から8千人増え3万人超えし、以後平成24年度に3万人を割るまでは14年連続という先進国では他国に例を見ない突出した数値となっています。
そしてこの事由について、平成19年度警視庁データでは全体の約半数が健康問題が要因で、そのうち9千人近くが精神疾患を要因としたものであり大半が『うつ病』を抱えていました。因みに平成23年度はうつ病を訴えた方9千人超の方が自殺されていました。
また40代以降の中高齢者の自殺は減少しているものの、10代は減少しておらず、15歳から39歳においては一番の死因が「自殺」となっています。
まだまだ未熟な私どもではございますが、このような自殺問題や少子高齢化のような社会問題を打開し、次世代を担う子どもたちが安心して暮らせる仕組みづくりを私たちなりに模索し実践しようとしています。
その中でも私たちは子どもたちが成長を重ね社会的に自立をするために、『学習活動』『就労活動』『職業訓練』『地域貢献』を支援することで、「誰もがともに学べ、誰もが生き甲斐をもって働くことが出来、誰もが安心して暮らせる社会づくり」を目指しています。
このサイトにはそのために我々が取り組んでいかなければならない身近な事をご紹介しています。ぜひ、ご賛同いただける方にご協力ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

(C)Copyright kokoro_sukui 2014-2019 all-right reserved.